FC2ブログ

地域に残るお話を演劇で。

主宰の加藤です。

2年前、香川県の丸亀市にて、江戸時代の丸亀の仇討ち伝説「烈女 尼崎里也」を題材にした演劇に出演させていただきました。

今回またご縁をいただき、地域に伝わるお話を短編集にした演目に出演させていただきます。
丸亀城、牛島、本島などなど地元ならではのお話ばかり。

この機会に、自分たちが住む地域に残る物語に触れてみませんか。
この地にはどんな人がいたか、どんなことがあったのかを知る良い機会になると思います。
来年一月、ぜひお越しください。

僕は短編のなかの3演目に出演予定です。(いまのところ)

mss_flyer_05-1.jpg mss_flyer_05-2.jpg

演目
「丸亀歴史短編物語」

日時
2019年1月13日(日)
14時開演
(受付開始:13時、開場:13時半)

料金
前売り 一般300円、18歳以下100円
当日券 一般500円、18歳以下200円

会場
丸亀市生涯学習センター3階ホール
(丸亀市大手町2-1-20)

予約・お問い合わせ
丸亀市生涯学習センター
0877-23-1091
うちんく企画
utinku.kikaku@gmail.com

特別出演
丸亀市民踊を楽しむ会

制作
うちんく企画

主催
公益財団法人丸亀市福祉事業団

後援
丸亀市・丸亀市教育委員会 
スポンサーサイト

演舞稽古やワークショップ

イベント出演が決定しました。

10月20日(土)
仏生山祭り
公園ステージ
14:40~17:00

仏生山祭りは日曜日の「大名行列」が良く知られています。
僕らは土曜日のステージにて演舞の機会をいただきました。

もしお時間ありましたらぜひご覧になってください。

仏生山祭り
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/event/matsuri/gyoretu.html


……

高松ワークショップLab.

高松市が主催する、地域で活動するアーティストが集まってワークショッププログラムの開発と実施を行っている。

これに僕も参加しており、9/8(土)にチャンバラワークショップをやらせていただきました。
今回がチャンバラ一回目の開催で、またいつか開催します。
開発して一回目の開催だったので、いろいろ反省もありました。

より良いプログラムになるよう、内容を整理していきます。

高松ワークショップ
http://takamatLab.suwslab.ashita-sanuki.jp/

 

新しく殺陣の教室が始まります。

6月から檀紙コミュニティセンターにて殺陣の教室を始めることになり、参加者を募集しています。

『殺陣(たて)を学ぼう』

日時:毎月第1・2日曜
10~12時

場所:檀紙コミュニティセンター2階ホール
(香川県高松市御厩町775-1)

講師:加藤光昭(瀬戸内殺陣の会)

参加対象:どなたでもご参加いただけます。年齢不問ですが中学生以下の方は親子同伴にて参加してください。

持ち物:室内用運動靴(裸足可)、運動できる服装、飲み物


内容は、時代劇のチャンバラに代表される殺陣(たて)。武士の礼法にはじまり、立ち居振る舞いを美しく、刀を用いて時代劇のチャンバラを学びます。
足腰を落として歩く摺り足(すりあし)。
時代劇のお侍さんのように、背筋をキリっと伸ばして素振り。
相手と自分、お互いの息を合わせる立ち回り。

激しい動きはありませんが、摺り足により足腰が、素振りによって足腰から腕あたりが自然に鍛えられます。

殺陣はひとりではできません。
お互いが相手と合わせ、お互いが引き立て合い、「ウォー!」と気合の声をあげて立ち回ることにより、魅力的な殺陣が出来上がります。

日曜の午前、興味ありましたらぜひご参加ください。
応募は下記どちらでもお問い合わせください。
応募締め切りは5月10日になっていますが、まだ定員に少し余裕がありますので延長して受け付けています。

檀紙コミュニティセンター
0878864955
瀬戸内殺陣の会・加藤
setouchiswordplay@gmail.com

IMG_6579.jpg
 

客演させていただきます。

縁あって、3月に客演させていただきます。
殺陣はありません。役者としての出演です。

「劇団こくぶんじ」
演目は、高松市国分寺町の歴史を舞台化したものです。

稽古で、本番と同じ音響と照明を確認できる。
ありがたい環境です^^

本番は3/24(土)の午後。
入場無料なので、お時間ありましたらぜひお越しください。

劇団こくぶんじ
Facebookページ

 

週末の殺陣ワークショップのお知らせ

9月に初心者向けの殺陣ワークショップを開催します。
今回は土曜日の3時間で、刀など武器を使わない無手(カンフー映画のようなパンチ キックなどのアクション)を体験できます。
この機会に、パンチやキックで体を動かし、カンフー映画や不良の喧嘩シーンのような戦闘場面を作ってみませんか?

「かがわのえんげき」にも情報掲載して頂きました。ありがとうございます。
http://kagawa-engeki0481.p2.weblife.me/pg279.html#週末の殺陣ワークショップ

【日時】2017年9月16日(土) 13:00~16:00
【対象】どなたでも
【講師】加藤光昭(瀬戸内殺陣の会 主宰)
【料金】2、000円※学生半額
【持ち物】上履き(裸足可)、飲み物、動きやすい服装、タオルなど
【会場】劇団暖団 稽古場
    (香川県高松市前田西町690付近)
【お申込み・お問い合わせ】
メールにて、件名:「週末ワークショップ」
受講希望、お名前、ご連絡先アドレスをご記入の上、お申込ください。
数日内に、こちらからご連絡させていただきます。
メール setouchiswordplay@gmail.com


殺陣は競技ではなく、お芝居のひとつです。
劇中の戦いの場面は、正義側とする『斬る人』のみでは成立せず、『斬られる人』があってこそ輝かせてもらえる、演者のコミュニケーションで創り上げるものです。
戦いは演者の魅力を引き出し、観劇する人(視聴者)の目を釘付けにします。

<瀬戸内殺陣の会>
観客には殺陣を身近に感じてもらい、演者には殺陣の魅力を感じ殺陣を介して自分の魅力を高めてもらいたいと思い、活動しています。
主宰 加藤光昭