スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

日本独自の死生観や刀へのこだわり

20(土)、稽古の前に
「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」
を見に行ってきました。

内容は、時代劇の魅力とは、殺陣の魅力とは。

初めての映画上映、戦前戦後の時代劇の変遷、刀の魅力。

ドラマ・物語における究極の題は「生と死」であり、日本人が刀に込める精神と、生死を表現する殺陣が融合したとき、そこに魅力が生まれる・・よくまとまってない文章ですが、そのような印象を受けました。

斬る人を魅せる、斬られる人を魅せる、見応えあるショー的な殺陣、感情や生死を表現する殺陣。

どれが正解というのはなく、その時代その人その物語で見せたい殺陣を作ってよい。

殺陣は、歌やダンスなどと同じく演劇で使う身体技術ですが、より日本的な表現ができるものだと感じました。


殺陣に魅力を感じるひとりとして、今回のドキュメンタリーで紹介された昔の時代劇を見ようと思います。

ファイル 2016-02-21 11 05 03
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://setouchiswordplay.blog.fc2.com/tb.php/117-814b2836
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。