8/20月稽古

主宰は太極拳の段位を持っています。

太極拳はおじーちゃんおばーちゃんが早朝に公園でやってるようなイメージが強いのですが、あれはなかなか体に良いのです。
基礎代謝・バランス感覚・脱力などいろいろな身体機能に良いと思います。

本日は殺陣の前に太極拳をやりました。
すると、どんな動作も重心や勢や脱力を頭の片隅にでも意識できるようになりました。

動作、振り付けをゆっくり行うことで、ひとつひとつを丁寧に確認できる。
これは映像の世界でも役立ちます。
映画の登場人物たちは、コマ送りで見ても動作がしっかりしている。
映画のオーディションでは、殺陣を「ゆっくり動いてください」と指定されることもあります。
動ける人は早く動こうとして「ゆっくり動く」ことをしない方もいます。しかし、その方々は指定されたことをしなかったから使われません。この場合に必要なのは「コマ送りでも平気な、一瞬一瞬がサマになれる」こと。
なので、ゆっくりな動作を稽古に組み込むのも大事だと思います。それに関して僕が提供できるツールが太極拳。

しかし、そのまま太極拳を教えても良いですが、若者にはつまらなく感じ、受け入れられ辛いかもしれない。
希望者には太極拳を教えてもいいかもしれないが、教室では殺陣に特化するべきだろう。今後の内容の課題です。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://setouchiswordplay.blog.fc2.com/tb.php/21-c21a60f2