日本独自の死生観や刀へのこだわり

20(土)、稽古の前に
「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」
を見に行ってきました。

内容は、時代劇の魅力とは、殺陣の魅力とは。

初めての映画上映、戦前戦後の時代劇の変遷、刀の魅力。

ドラマ・物語における究極の題は「生と死」であり、日本人が刀に込める精神と、生死を表現する殺陣が融合したとき、そこに魅力が生まれる・・よくまとまってない文章ですが、そのような印象を受けました。

斬る人を魅せる、斬られる人を魅せる、見応えあるショー的な殺陣、感情や生死を表現する殺陣。

どれが正解というのはなく、その時代その人その物語で見せたい殺陣を作ってよい。

殺陣は、歌やダンスなどと同じく演劇で使う身体技術ですが、より日本的な表現ができるものだと感じました。


殺陣に魅力を感じるひとりとして、今回のドキュメンタリーで紹介された昔の時代劇を見ようと思います。

ファイル 2016-02-21 11 05 03
 

これからのこと

だいぶ更新が滞っていました。

次の活動のお話があり、それを実現させようとしています。

良いものが出来るよう頑張ります! 

丸亀城イベントの動画集

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
 

もえっちin丸亀城

本日は丸亀城にてニッカリ青江 刀剣乱舞とコラボしたイベントがあり、そのなかで殺陣&殺陣体験コーナーをさせていただきました。

なかなかお城で殺陣をする機会がないし、お客様にも殺陣体験をすることも少ないので良いイベントに呼んでいただきました。

やはり刀剣にちなんだイベントのため殺陣にも抵抗なく受け入れていただいたようです。

動画もたくさん撮りましたが、まずは画像を載せます。

イベントに呼んでいただいた主催様、体験コーナーに参加してくれた方々、京極家ならびにじゅうじゅう君、ありがとうございました!

なにより天気に恵まれた、良い1日でした。
動画も出来上がり次第アップしようと思います。

































追記:
動画を三点アップしましたので、よろしければご覧ください。
http://setouchiswordplay.blog.fc2.com/blog-entry-115.html 

丸亀城での殺陣

明日はいよいよ丸亀城イベントの日。

殺陣の会は何回かやらせていただきます!

今回は岡山からも殺陣人員が来て、お城を盛り上げるため頑張ります。

僕らを見かけたらぜひ見ていただいて、殺陣をやってみたいと思ったらぜひ参加してみて下さい!